ビジョナリー・カンパニーがとにかく安い 2017年度 ジェームズコリンズの購入後レビュー |

会社の中でリーダーや幹部社員といった立場にある人にぜひ勧めたい本です。優れた内容です。自営業者にはお勧めです。

コチラです♪

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

ビジョナリー・カンパニー ジェームズ コリンズビジョナリー・カンパニー(2) 飛躍の法則 [ ジェームズ・C.コリンズ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

前作と違った視点で企業を詳細に分析し!偉大な企業へと飛躍を遂げた転換点を調査しています。バスに乗せる人は誰か?バスから降ろす人は誰か?など!企業が成功するための要素が最初から決まっていて!それがどれほど重要かがよくわかる。繰り返し読みたいと思います。当たり前といえば当たり前ですが、これほど継続する事に力があるのかと思い知らされた。1・2ともデータの集まりであるが、これほどまで調べあげてくれて、ありがとう。適切な人をバスに乗せ、明確な目標と熱意というあきらめない精神、そして規律ある行動をする。オススメです。大変勉強になりました。経営者だけでなく管理職以上はバイブルとして読むべきだと、皆さんにご推薦します。アメリカ著書によくある!「くどいくらいの丁寧さ」が気になりますが内容は良かったと思います。シリーズになっているようですが!2から読み始めてみました。どのような要因がその差を生みだしたのかを調査した結果をわかりやすく説明してくれています。やっぱり!“針鼠の概念”には考えさせられますね。特に可能な限り主観が入らないように分析し!その根拠もよく書かれているので!信憑性が高いように感じられました。自身の仕事への姿勢も問い直させるものです。その時も相当感銘を受けました。そして歳月を経てこちらを読んでも、当時と同じくらいの感銘を受けます。ここでレビューしてくださってる方がおっしゃっているとおりです。手頃な価格であり!使いやすくていい商品です偉大な企業が飛躍したことを知りたければ読んでください。前作となった「ビジョナリーカンパニー」という本では!もともと成功を収める要素を持ったカリスマ経営者がいたり事業的に成功しそうな事業についての成功法則の分析だったようだが!その本を読んだ人から!成功して当たり前の企業の成功法則ではなく!普通の会社が成功するにはどうしたらいいかを教えてくれ!という意見から執筆されたものらしい。本書は、11社の大きく飛躍してその繁栄を継続している企業が成功を収めたポイントを事例をもとに紹介している本です。そういう私も!人に勧められて読み始めたのですが!面白くてやめられません。ぜひ、原文でも読んでみたいです。面白かったです。適切な人であれば!自分で動機づけができるので!管理をする必要がなくなるとしています。『良好な企業』から『偉大な企業』へ。何がすごいかというと、飛躍的に成功した企業の過去30年分の株式データから分析を行っていること、同じ業界の普通の成功しか出来なかった企業との比較から劇的に成功するポイントをまとめられていること、会社経営に本当に必要なことが網羅されている、ことだ。成功の法則は奇抜で複雑なものでなく!ただ単純明快なものである!との結論だが!そこへ至る多大な労力についても言及されています。最終的にはコツコツ真面目に・・ですが!闇雲に真面目にしてもダメという点を指摘し!過去のデータからいくつかのポイントを提示しているところが有益でした。この一言に尽きます。要は規律ある人と仕組みが大切なわけですが、それがどれほどの企業で守られている、もしくは守る仕組みづくりに取り組んでいるかという話だと思います。やっとこういう本が出たかという感じです。データを根拠にして比較しながらの分析!といったところがいいですねかなりのページのものですが!「なるほど」と納得するものが多いです。まず!読んでみてください。以前!というか随分以前これの前編を読みました。同じような業種の企業が同時期に片方は大きく成長し片方は成長できなかった。名著ビジョナリーカンパニーの続編です。。組織を変える際!どうしても目標設定が最初のように感じてしまいますが!適切な人をバスに乗せ(メンバーに入れ)!適切な座席を与えることが何より大切と繰り返し述べています。素晴らしい本。業種業界関係なく使える要素なので、実に参考になる。私の能書きや解説など一切不要です。図書館で借りて読破しましたが!これは買う価値ありということで購入しました。停滞した組織を「偉大」な組織にするため!実践したいと思います。知らない企業名も沢山出てくるが!同業他社が同じ頃!どんなことをしていたからダメだったのか!とかを詳細に書かれているので!会社を起こそうと思っている人!今の会社のやり方じゃダメだと思ってる人は読んでおいて損はない一冊だと思う。しかし!この本で取り上げた各要素全部がそろわないと偉大にはなれないというのが!悲しいほど現実的です。